12月 | 2019 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 8日 地歴千題テスト②

 こんにちは!担任助手の平石です!いよいよ最後のセンターレベル模試まで一週間と迫ってきました。そんな中、校舎では地歴公民千題テストの二日目が開催されました。

 地歴公民千題テストは、二日間にかけて文字通り千題ものテストを行うイベントになります。

 最後のセンターレベル模試まで一週間というこの時期に、多くの時間を割いてまで社会科目に費やす意味がこのテストにはあると思います。

 この時期にもなれば、ほとんどの生徒はすべての範囲をある程度は完璧に仕上げられていると思います。しかし、その中でも必ず穴はあると思います。受験においてその見えざる穴こそが大きな落とし穴となるのです。

 その穴を可視化できるのが、圧倒的な量をこなす千題テストだと思います。

 そして、最もこの千題テストを活かすにはしっかりと復習することがマストです!

 

 東進ハイスクール平塚校では、このように受験においてとてもためになるイベントがたくさん開催されます!

 直近では、12/16(月)に、大岩先生の公開授業が開催されます。

 公開授業では、普段生徒が映像授業で見ている講師の先生が実際に校舎にいらっしゃって授業を行ってくださいます。そしてなんといっても、公開授業は東進生以外の一般生でも無料で参加することができます!

 また、冬期特別招待講習も募集中ですので、ぜひこの機会にご参加ください!お申込みは下記のバナーからよろしくお願いします。

2019年 12月 7日 地歴千題テストが開催されています!

こんにちは!担任助手の岡元です。

さて、本日は、一大イベントが校舎で開催されています。

地歴千題テストです!

こちらは、社会科目のすべての範囲を10個のroundに分け、合計約700分に至るテストを

2日間に渡って受け続ける超超大イベントです!

Q.何故この時期にこのイベントを行うのでしょうか?

A.受験生の社会が固まってきた=固まっていないといけない時期だから

センター試験まであと一か月とちょっと。センター試験の科目は、少なくても英国社、国公立組は、7科目をそれまでに仕上げねばなりません。すなわち、これから先、社会の総復習をする時間・機会は、自分で無理やり作らねば

ほぼない」のです。

しかしながら、東進ハイスクールは時間がないから、と言って諦めるような予備校ではございません。

この地歴千題テスト、東進のすべてが結集した素晴らしい問題となっております。

こちらを復習すれば、12/16のセンター本番レベル模試でも効果が出ること請け合い。

明日のroundも頑張っていきましょう!!

 

こんなイベントを行う東進に興味を持ってくれた方は、ぜひ!!

下のバナーから冬期招待にお申込みください

2019年 12月 6日 受験直前期の学習③

こんにちは!担任助手の前田実夢です!

とても久しぶりにブログを書きます(笑)

あっという間に12月になってしまいましたね。

今日は昨日、一昨日に引き続き

直前期の学習について書かせていただきます!

とはいえ、前に書いていたお2人と似てしまうのですが、、、

やはりセンター試験まで残り1カ月半を切った今、何よりも大切なのは時間の使い方です!

1月に入ってからはセンターの復習に時間を使うようになり、

センターが終わってから早い人で1週間後くらいから

私大や二次の試験が始まります

2月は言うまでもなく受験まっ最中

1番受験が近い大学の過去問に時間をとられるようになります。

そうすると、

12月は自分のやりたいことに時間を使える最後のチャンスになります!

しかし、そんな12月ももう始まって1週間が経ち、

文系のみなさんは明日・明後日の午後は地歴千題テストですね。

その次の週の日曜日、15日はいよいよ

最後のセンターレベル本番試験模試です!

それぞれしっかり復習して挑み、解いた後には直しもあります。

つまり

12月でも自由に使える時間は限られています!

第1志望の過去問は2周目できていますか?

併願校の過去問は解いてみましたか?

第1志望校対策演習、単元ジャンル別演習は進んでいますか?

自分が受験を迎えるまでに必ずやり終えておきたいと思うことはなるべくこの12月で終わらせましょう。

そのために優先順位を立てる必要があるのです!

私はとにかく過去問を多く解くことにフォーカスして

第1志望は2周目、併願校は少なくとも3年分は解いておくことを意識していました。

しかし今年は皆さんには

第1志望校対策演習単元ジャンル別演習

というコンテンツがありますよね!

それを最大限活用してあれをやっておけばよかった、、、など

やり残したことがない、

ベストの状態で受験を迎えられるように

計画的な学習を進めていきましょう!

2019年 12月 5日 受験直前期の学習②

 

こんにちは森川です。

本日も引き続き受験直前期の学習について書いていきたいと思います。

当たり前のことを書きますが残された時間は限られています。

やるべきことをやってください。

やるべきことをやるには自己分析が必要になります。

過去問演習、苦手を補う学習、基礎基本の確認等

何が足りていないかしっかり理解して学習を進めましょう。

やることの一つ一つに目的があるはずです。

それが積み重なり一日の学習のゴール、一週間の学習のゴール、受験当日までの楽手のゴールが見えてくると思います。

是非計画的にかつ自信を持ってのころの時間をすごしてください。

2019年 12月 4日 受験直前期の学習①

こんにちは、担任助手の乗附です!今日は、受験直前期の学習についてお伝えします!

センター試験までのこり1ヶ月半ほどとなっています。

合格のためには、残りの時間をいかにうまく使えるかが重要になります。

時間がなくて焦っている人もいるかとは思いますが、残された時間でできることできないことを判別して、出来ることの中で優先度の高いものから順番にこなしていきます。その際、計画的にするようにしてください。

過去問単元ジャンル演習第一志望対策演習を主に進めていくことになります。計画的に進めていきましょう。

ただ、演習をしていて基礎基本に不安がある部分については勇気を出して基礎に戻ってみましょう!基礎基本を身に付けることはどの時期でも最重要です。

何をすればいいかわからないという人はスタッフに相談してください!!

低学年のみなさんは、一日でも早く本格的な受験勉強を始めることが第一志望合格への近道となります。

受験勉強にとりかかるきっかけとして、公開授業冬期特別招待講習といったイベントを用意しています。興味のある方はぜひ校舎までお問い合わせください!