ブログ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ 

2019年 10月 17日 第一志望合格の秘訣

今回は自分自身の経験から第一志望校に合格するための秘訣について紹介していきたいと思います!

特に高3生のこの時期からの事についてお話しさせていただきます。

私が合格のするために大切だと思うのは以下の3つです。

過去問演習

間違いなく最も重要な学習です。自分の受験校の問題の形式、レベル、頻出分野を分析しましょう。本番で一点でも多く取るためのアウトプット力やテクニックを得たり、戦略立てをしたりすることが出来るのはもちろんのこと、この学習で得ることが出来る一番大きなものは「日々の学習の効率化」だと思います。本番でこの試験が解けるようになるために何の勉強を、どのレベルまで、どのくらいの量やるべきかが明確になります。そのため、学習に優先順位が立てられるようになり、無駄な学習を減らせます。本番までの数か月間の学習を「合格するための学習」にするため過去問演習はなるべく早く手をつけていきましょう!10月中に少なくとも第一志望は10年分、出来れば併願校も5年分程度解くようにしたいところです。

基礎の徹底

この時期おろそかになりがちなのが基礎の部分かなと思います。基礎はもっと前にやっておくべきものという意識が強いからでしょうか。しかし、基礎に関しては本番直前までやり続けるべき学習だと考えています。合格するためには、みんなが出来る問題をいかに落とさないかということがものすごく重要です。そういった問題を確実に取るには基礎が欠かせません。自分が出来るところ出来ないところがはっきりしてきた今だからこそ、しっかりと出来ない部分にフォーカスして一つ一つ解決していくべきだと思います。基礎は暗記物が多いと思うので(英単語や古文の助動詞など)、起きた直後や一日の最後など決まった時間に決まった量をこなすルーティーンが作れると効果的に学習が進められるはずです!

③志望校への強い気持ち

受験生活が長くなってきて、本番への不安が大きくなるこの時期は、精神的に辛くなってくることも多々あると思います。そんな時に自分のやる気を支えてくれるのは「第一志望校に行きたい!」という強い気持ちだと思います。私が受験生の時は、第一志望校の文化祭に行ってみたり、常に赤本を机の上に置いて背表紙に書かれている大学名を見たりして、やる気を復活させていました。改めて第一志望校に向けた気持ちを確認したり、その気持ちを上手くモチベーションに変えられるような工夫をしてみたりしてほしいなと思います!

 

残り3ヶ月でいよいよセンター試験を迎えます!現役生の強みは最後の一伸びがあるところです!1日1日コツコツと自分のやれることを積み重ねていきましょう!

2019年 10月 16日 10月も残り半分です!!

こんにちは、担任助手の乗附です!

10月も残り半分となりました!涼しさも出てきて、受験直前期らしくなってきましたね!

受験生は、過去問終わっていない人はとにかく過去問を最優先にやりましょう!終わっている人は、受講や単元ジャンル演習を進めましょう!

また、今月末には全国統一テストを控えています。特に受験生のみなさんは万全に準備をして、100%の力を発揮できるようにしましょう!

低学年のみなさんも、文化祭修学旅行で忙しい中でも勉強する時間を見つけて、模試に向けて勉強しましょう!

全国統一テストは、中学生から受験生まで無料で受けられます!申込の際は以下のバナーをクリック!

2019年 10月 14日 オススメの勉強法~公民~

こんにちは、担任助手の遠藤です!三連休はいかがお過ごしでしょうか。先日の台風で日本各地に大きな被害があり、ニュースを見るたび心が痛みます。多くの方々が1日でも早く落ち着いた生活が取り戻せるよう願っております。

さて、受験生は過去問と単元ジャンル別演習は順調に進んでいるでしょうか?来週には全国統一高校生テストもあります。計画的な学習を心掛けていきましょう。

本日は、オススメの勉強法~公民編~ということで皆さんに私たちスタッフが受験生時代に行っていた勉強法をお伝えします。

公民はなかなか手を付けづらいというイメージやどう勉強したらいいかわからないという風に感じている人はいませんか?文字だけ読むとなんだか堅苦しく、頭に入りづらい科目ではないかと思います。

しかし、公民はわかればおもしろく、日常生活でも役立つものが多いです。ぜひ、皆さんにも公民を得意分野として得点源にして欲しいと思います。では、どのように勉強すればいのでしょうか。ポイントは3つあります。

①流れを理解する

先程言ったように、ただ読んでいるだけではなかなか頭に入りません。まず、参考書などの目次からどういう流れで構成されているのかおさえましょう。私の場合、まず東進の映像授業でおおまかな流れを理解するため短期間で受講をしました。そしてわからない部分もありましたが、「こういう流れでこの科目は作られているんだな。」そう感じることが重要です。

②単元ごとに復習し、演習する

流れを理解したら、ひとつひとつの単元ごとに復習しましょう。単元とは一つの内容のまとまりです。多くの問題集も単元に沿って大問が構成されていたりします。演習は全ての内容をやってからと思いがちですが、ただ復習して読んだことはすぐに忘れます。まずは、アウトプットの機会を作りそこで間違えたりすることで頭に記憶として残りやすくするために単元ごと演習をしてみたください。私の場合、ここで再受講をして映像で分からなかった部分を改めて理解しました。

③全範囲をランダムに演習する

単元ごとの演習が終わったら、過去問など実際の入試問題を用いてどんどん演習してみましょう。おそらく最初はうまく結果が出ないこともあります。なぜなら、忘れるからです。ここでも間違いを繰り返しながら知識を定着していきましょう。

ここまで勉強法をお伝えしてきましたが、学習方法は十人十色。皆さんの学習の参考にぜひご活用ください。また、知識を入れることから始めるのではなく過去問をまず解いてみて、どういうことが問われているのか知ることも重要です。インプットとアウトプットのバランスを考えた学習を意識しましょう。

最後に、皆さんのこのような学習の成果を出す機会が直近で10/27全国統一高校生テストです。無料の模試となっておりますので、ぜひお友達を誘ってチャレンジしてみてください。

お申込は下記バナーをクリック☟

2019年 10月 14日 オススメの勉強法~物理~

こんにちは担任助手の石井です。いかがお過ごしでしょうか?

昨日の台風19号、風と雨がすごかったですね。僕のところは停電もなく何事もありませんでしたが、皆さんは大丈夫でしたか?

今回はオススメの勉強法  物理編という事で、自分の勉強法や東進に通っていた僕の友達の勉強法などを紹介していきたいと思います。

LET’S GO‼

まず物理において一番大切な事は【流れ】です。

その流れを理解するのに一番役に立ったものそれは【受講】です。

僕はやまぐち健一先生の「スタンダード物理」を受講しました。授業自体、やまぐち先生ワールドが炸裂し、脳に強烈に刻み込まれます。なんせイメージを膨らませることで、教科書に載っているような公式は覚える必要がない、むしろ当たり前、というような感覚にさせてくれます。また、定義も背景知識などを踏まえて、覚えやすいように教えてくれます。この授業の【流れ】を思い出すことによって、ほとんどの有名大学の問題は解けるようになるのではないでしょうか!?

とは言っても人間は忘れる生き物、僕はこの授業を2回うけました。

忘れてしまった所の復習と思い、2回目を始めましたが、1回目が0からのインプットだったせいか、2回目の方は1回目で覚えきれなかった新しい発見新しい考え方などを修得することが出来ました。

【流れ】をしっかり理解したら、あとは演習のみ! 簡単な問題から、過去問までやり込めるレベルまで演習を積み重ねてください。

僕の友達も【流れ】はものすごく重要と言っていました。が、僕と取った講座が違いました。彼の場合少し簡単な物理講座を取り、概念形成、基礎公式の修得をした後、ハイレベル物理という講座を取り大学の物理のように数学を用いて物理を解くことをしていました。彼曰く、大学の先生が作る問題は数学を用いて解く方が理解しやすいとのことです。実際難しければ難しい大学ほど大学で習うような背景知識を持っていた方が優位に問題を解くことが出来るでしょう!

どの問題も高校で習う範囲のものなので、どちらの講座を選択したとしても問題は必ず解けます!

解くようになるためには、演習の量もカギになってきます。【流れ】を理解したら、その分野で分からないことなんてない

そう言い切れるまで演習して自分の実力に変えていきましょう!

まとめると【流れ×演習量】です。

この2つがしっかりとできていれば必ず成績は伸びていくはずです。時間をかけ得意科目にしていきましょう‼

 

2019年 10月 11日 オススメの勉強法~数学編~

 こんにちは、担任助手の緋田です。台風19号が接近していますね。明日12日に本州に上陸するとされており、平塚校が位置する神奈川県南部も猛烈な雨風に襲われることが予想されています。生徒の皆さんは身の安全に注意してくださいね。

 また、これに伴い東進ハイスクールは明日12日、全校一斉休館となりました。くれぐれも校舎に来たりしないようにしてください!明日は家でしっかりと勉強しましょう!


 さて、今日はオススメの勉強法ということで、数学について書いていきたいと思います。僕が通っている東工大の入試の数学は全国でもトップクラスの難易度と言われており、かつ配点が他の科目(英語、物理、化学)の倍だったので、数学の勉強には膨大な時間を充てていました。そんな中で、僕は以下のような勉強法を実践していました。

①解けない問題も長時間考え込む

 数学の勉強の際、わからない問題があったときすぐに解答を見てしまう人はいませんか?「時間効率のためにも解けない問題に時間をかけたくない!」という人もいるかもしれません。ですが、入試本番でわからない問題に遭遇しない受験者はいません。どんなに頭がいい人でも、本番の緊張や難問によって、この問題解けない!となることが必ずあります。そういった時に、わからないなりに誘導問題の途中まで解くだとか、記述入試の部分点を稼げる答案を書くだとか、そういった力は日頃からわからない問題を考え込むことでしか育めません。ぜひ、焦らずじっくりと解くひとときを満喫してください。

②入試試験時間以上続けて学習する

 東工大は数学の試験時間がなんと3時間もあります(笑) 3時間ひたすら集中を維持しなければなりません。強靭な脳みそのスタミナをつけるには、やはり試験時間以上続けて数学に向き合うという習慣をつけておかないといけないのです。僕も高3の頃は、休日は数学を一度勉強し始めたら3時間は必ず勉強し続けるようにしていました。皆さんも、自分の志望大の試験時間に合わせてこれを取り入れて頂きたいです。

③一度解いた問題は時間をあけて再び解く

 数学は繰り返しが大切な科目だと思います。問題集は1周で満足するのではなく何周もすることで真の旨味が味わえるのです。

④メデトク

 皆さん何だそれはと思うことでしょう。これは僕のオリジナル勉強法です(笑) 問題を解き終わった後、自分の解答や模範解答を一切見ず、問題だけを目で見て、鉛筆を動かさずに頭の中で解くという訓練のことを言います。これはどういう目的かというと、入試の際に初手がわからず大問を全て落とす、というのを防ぐため、初手の力を磨く目的があります。下手に鉛筆を動かさないで「目で解く」ことによって、解法を閃く力を養うのです。

 

 勉強法は千差万別です。ですが共通することとして、毎日数学に触れることが大切だと思います。数学勘を養い、入試で差をつけましょう。