記述模試の復習の仕方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 27日 記述模試の復習の仕方

こんにちは、担任助手の鈴木です。

先週の金曜日に3年生を対象に難関大・有名大本番レベル記述模試が実施されましたが、問題の見直し・復習はもうしましたでしょうか?今日は記述模試の復習の仕方について書いていこうと思います。(バリバリ文系目線ですが)

記述模試の復習の基本的な流れは

①もう一度解いてみる(時間制限なしで)

②模範解答をよく読む

③模範解答を元に自分で答えを書いてみる

だと考えています。

①②はマークシート方式の問題でも行うと思います。記述で大切になってくるのが③です。記述の問題はマークシートの問題のように選択肢が与えられているわけではないのでよりアウトプットの力が求められます。しっかりとした知識を持ち、理解度が高いという状態でもそれを答案として文章等でまとめ上げる力がないと得点に結び付かないということです。なので、その力をつけるためには実際に答案を作成する必要があります。②で模範解答をよく見て、正答に必要な要素がなにかという事をしっかり把握し、そのうえで③でそれに近い解答を自力で書けるようにするというところまでが重要です。模試の復習だけでなく、過去問の演習の時にもこういったことは必ず行うようにしましょう!

本番が刻々と近づいてきていますが、効果的に記述力を上げられるように頑張っていこう!