1月 | 2020 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 29日 受験生にエール⑦

こんにちは担任助手の石井です。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ受験生は最後の最後の時期になりましたね。

今回のテーマは受験生にエールということで、特に、今まで成績が思うように成績が上がらなかった人に向けて、自分がこの時期に思っていたこと、終わってからこの時期の自分に言えることをエールとして送りたいと思います。

「正直受かると思っていますか?」

崖っぷちの人は言います。「いいえ」と

自分の出来ることをこの直前期に全てやり切れていますか?

「はい」と答えはするものの

多くの人は、入試があるので今日は帰ります。

たっぷり直前は寝たいので帰ります。

と言った理由を付けて自分を正当化し、やるべきことから逃げている人が多いように思います。

自分は第一志望の大学には行けなかったけれど、後悔はみじんもしていません。

何故なら、最大時間、最大勉強をすることが出来たからです。

自分に嘘をついていません。やりました。

自分は人のことを考えている余裕がないほど崖っぷちで、他の人が何をしていようが関係ない、自分の合格のために残された時間を最大限活かして必ず合格をもぎ取っていやる。そういう気持ちで受験生活を最後の一日まで送っていました。毎日毎日が、自分との戦いで、

「今日はこのくらいで帰ろう」

「眠いなら寝た方がいいよ」

「ごはんもっとゆっくり食べようよ」

と言った、弱い自分と向き合っていました。

すごく苦しかった。

けれど、本番ペンを持った時に、やり切ったその自信は、精神的な面ですごくアドバンテージになります。

醜い過去は忘れて、変えられる未来のために、今を全力で取り組む。

その精神を、最後まで貫いてください。

合否は合格最低点のより高いか低いかによって決まります。

皆さんが目指すのはその一点上です。一点でいいんです。過去問を解きその一点上を目指してください。やることはそれだけです。周りなんて関係ない、やり切った自分を信じて本番に向かって下さい。やり切った暁には合格が待っています!

出来る!出来る!出来る! 

自分を信じて、頑張れ受験生!

2020年 1月 28日 受験生にエール⑥

こんにちは、担任助手の遠藤です!本日は私から受験生に向けエールを送りたいと思います。

私が皆さんに伝えたいのは「最後まで諦めず戦い抜く」という事です。

センター試験が終わり色々な予備校から志望校の判定が出されたと思いますが、悪い結果で諦めたり、逆に良い結果で油断したり、センターの結果に一喜一憂せず今やるべき勉強をしっかりやり試験が全て終わるまで気を抜かずに戦い抜いて欲しいと思います。

良くも悪くも最後には結果が出てしまいます。ですが、最後まで諦めず戦い抜くことが出来ればどんな結果であれ今までの努力が自分の財産となって残ります。受験を通して自分は成長できたと私自身実感しています。

直前になったとはいえ、試験が始まる数分前までには出来ることがまだまだあります!最後まで諦めずラストスパートかけていきましょう!!

2020年 1月 27日 受験生にエール⑤

こんにちは!担任助手の鈴木です。本日も受験生に向けて応援のメッセージを送りたいと思います。

2月が近づき、入試が本格化する時期に突入していきます。皆さんには「最後」までしっかりやり切るということを約束して欲しいと思います。センター試験が終わり、受験全体の終わりも見えてくるこの時期ですが、ここからの頑張りでまだまだ最後の試験の最後の科目が終わるまでは気を抜いてはいけません。「そんなこと当たり前」と思うかもしれませんが、試験の連続による疲労や合否発表による気持ちのブレなどによって、意外と集中できない状況が続きます。実際に私も、滑り止めの大学の合格に気を取られ勉強量が減り、第一志望の合格を逃してしまいました。最後までやり切れなかったことにすごく後悔しています。私のように周りの雑音に惑わされないように最後の大学の最後の科目の試験が終わるまで、自分の出来る最大限の力を出し切って来てください。皆さんにとって、後悔のない大学受験になってくれれば良いなと思います。

 

 

2020年 1月 26日 受験生にエール④

こんにちは担任助手の森川です。先日に引き続き受験生の皆さんへメッセージを書きたいと思います。

センターが終わり私大の受験に行っていいる生徒もちらほら見られますがここから一番大切なことは実力を出しきることです。

皆さんはここまでたくさん勉強をしてきたと思います。ここからはその実力を本番に出せるかどうかがカギになってきます。

本番で実力を出し切るのに大切なことは何でしょう?

それは、平常心です。

そんなこと言っても緊張してしまう!

という人もいるかと思います。ただ、緊張することは悪いことだと思っていません。

むしろ過去に真剣に勉強してきた自分がいるからこそ緊張するのです。

そんな緊張も敵とせず味方につけて平常心を心掛けて頑張ってきてください。

持っている力を出し切れば合格はつかみ取れるはずです。

諦めず最後まで戦い抜いてください。

2020年 1月 25日 国立大学二次試験まであと一か月です!

こんにちは、平塚校担任助手の乗附です!

センター試験から一週間ほどたちましたが、学習は捗っているでしょうか。

今日は国立大学二次試験まであと一か月ということで、国立大学を目指している生徒にエールを送りたいと思います。

自分も受験生時代には、横浜国立大学を受験しました。

国立大学の二次試験は日程が比較的遅いです。後期日程も受験する生徒はさらに受験が長引くことになると思います。私立志望の生徒は早めに受験を終え、遊び始める人が増えてくると思います。

そんな中でも、周りに流されずに最後までやり切れるかがカギになってきます。

センターの結果で出願をどうするか迷っている人も多いかと思いますが、そこは大切なことなのでじっくり悩みましょう。

まだまだ一か月も時間があるので、この最後の期間で想像以上に実力が伸びると思います。最後まであきらめずに頑張りましょう!

最新記事一覧

過去の記事