4月の学習法について | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 1日 4月の学習法について

いよいよ4月に入り、新学期に突入しましたね。私も大学生活最後の代となりました…(泣)

また、今日の昼頃に新元号も発表されました。平成に続く新元号は「令和」になりました!!

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められいる。」と安部首相はおっしゃっていましたね。この大きな歴史の転換点に自分たちがいることは、とても貴重な経験だなと思いました。

この節目に、みなさんも気持ち新たに頑張りましょう。さて、本日は新学期に入ったということで4月の学習法についてお話したいと思います。

これまで、校舎では3月までに基礎基本の徹底ということを何度もお話してきました。4月はこれを踏まえて、どこまで基礎基本に対して忠実に努力できたかということを振り返って欲しいと思います。そして、達成されていないのならば4月中に達成できるようにしましょう。たとえば、高速基礎マスターで単語・熟語・文法・例文まで完全修得目標にしていたけれど、達成出来なかったならば4月がラストチャンスです。

また、学年が変わり、学習内容も新たな分野に入ると思います。まずは学校での学習内容の予習・復習を徹底して行い、その時理解出来なかったことはその日のうちに解決するようにしましょう。

そして、最後に4月28日にはセンター試験本番レベル模試があります。特に、新高校3年生はまず英・数・国などの主要科目ではきちんと目標点を意識して模試にのぞむようにしましょう。夏休み前には、目標点をとるくらいのイメージで先取りの学習をしていきましょう!

どの学年にも言えることですが、新しい学年で慣れるまで大変だと思いますが、時間はどんどん過ぎていきます。自分のなかでの学習の計画はブレずに新学期を迎えられると良いですね!

一緒に頑張っていきましょう!!