模試の復習法 国語編 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 20日 模試の復習法 国語編

こんにちは!担任助手の水島です!

皆さん、全国統一高校生テストお疲れ様でした

いかがでしたか?

点数に一喜一憂するより、手早く解き直し・分析を済ませ、計画をたてて苦手を克服していきましょう!

さて、そこで国語の復習法についてお伝えしましょう。

まず古文・漢文についてです。これらは現代文と違って暗記科目としての性格が強いので勉強法は単純で、点数が伸びやすい分野でもあります。

まず語彙・文法の面で暗記漏れがあったか確認しましょう。古文漢文の減点はだいたいこれに起因します。単語が分からず読めなかったのなら、古文単語帳をおさらいしてください。

漢字についてはまとまった漢文用の漢字帳などはありませんが、文法書の最後にまとまっていることが多いです。一気に覚えましょう。

とにかく古文は単語と文法(特に敬語と助動詞)、漢文は句法と頻出漢字を押さえることです。それでも点数が伸びない場合は水島 までお願いします、一緒に原因を探りましょう!

 

次に、現代文についてです。こちらは多くの学生がどう勉強したらいいか分からないと声を上げる分野ですが、しっかり勉強すればちゃんと点数は安定します。

現代文は、センター試験においては回答の根拠が文中に必ず存在します

まず模試受験の段階で自分の思考プロセスを問題用紙に残しておき、復習に活かせるようにしておきましょう。

問題の選択肢を選定する際に、○×△?などの記号を使って印をつけるのが良いです。

模試の復習の際は、解答・解説の回答のプロセスと見比べて自分の回答のプロセスが合っているのか?を考えてください。

その繰り返しの中で、目のつけどころを修正していきましょう。

 

学力が上がるのは、復習においてです

次の模試につなげましょう!