志望校についての知識は十分ですか? | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 8月 18日 志望校についての知識は十分ですか?

こんにちは!!担任助手の佐藤慶一です!

今日は朝方雨がかなりふりましたね、最近気温や天気が乱れていて体調を崩しやすいと思うので皆さんも注意してください。

私は久しぶりにブログを書くのですが今回のお題は志望校への受験の知識についてです。。

皆さん志望校の受験科目や点数配点などしっかりチエックしていますか?流石に第一志望校のことについては完璧だと思いますが、さて第二、第三志望校までの受験の特徴を把握していますか?

受験科目や点数配分は志望校を決めるうえで重要なポイントになります。私の第一志望校は早稲田大学教育学部でしたが、この学部に決定した理由として受験科目の配点に大きな偏りが無かったことが決め手でした。早稲田文学部は得意な世界史が英語と国語に比べて0.75倍低かったので文学部より教育学部に受験勉強の力をいれました。

他にも科目についても注意が必要です。早稲田文系では政治経済が受験教科として使えますが、同じレベルと言われている慶応義塾大学は政治・経済で受験できなかったりします。このように大学によって使える科目が違う可能性があることにも注意しましょう。特に国公立の人は注意してください!!

しかし科目が違うことを利用することはアドバンテージになることもあります。私の場合、古文が物凄く嫌いで苦手でしたので、併願校を決まる際に古文を解くことが指定されない大学である國學院大學を受験しました。しかも國學院大學は一番点数が高い科目の点数が二倍されるという独特の入試方式をもっていたので世界史が得意な私は精神が穏やかで安定した状態で入試に臨めました。

このように入試方式の科目や点数配点は知らないと大打撃を受ける可能性がありますが、しっかり調べているとアドバンテージになったりもします。

そのため一つ言えることは自分の受ける大学の情報をしっかり確認しましょう!!!


平塚校では、只今「一日体験」というものを実施しています。

受験勉強をスタートさせたいけれど、ちょっぴり不安…?

映像授業ってどんな感じなんだろう…?

少しでも興味やる気があれば問題ありません!!

 

苦手な科目、気になる科目などリクエストに応じてあなたにぴったりの受講を

ご用意します。

 

是非お気軽にお申し込みください。

平塚校スタッフ一同心よりお待ちしています!!