大学生の1日紹介③ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 9日 大学生の1日紹介③

こんにちは!担任助手の鈴木です!今日は大学生の1日紹介シリーズの第3弾です!大学3年生の僕の1日を紹介していきます。

しかし、1日紹介といっても曜日によって生活のスタイルは変わってくるので一口に説明できそうになくて少し困っています(笑)なのでまずは僕の3年前期の時間割を見せようかなと思います!

時間割を見て思ったことはいろいろとあるかもしれませんが、それについてはまたいつか詳しくお話出来たらなと思います。

この時間割によって生活パターンが3分割されています。

①午前中に授業が終わる日(月、水)

②午後から授業が始まる日(木、金)

③授業が無い日(火)

こんな感じです。5日間でこの3パターンを回しているので、毎日新鮮な気持ちで、飽きずに楽しく生活できているなと強く感じています(笑)

ではそれぞれ詳しくお話していきます!

①午前中に授業が終わる日

月曜日は12時10分、水曜日はなんと10時30分に授業が終わります!そうなると授業後かなりの時間を自由に過ごすことが出来ます。この時間を何に使うかですが、まず必ずお昼ご飯を食べます。早稲田大学付近は学生街の雰囲気が強く、安くて美味しい飲食店がたくさんあります。その日の気分に合わせて、お気に入りのお店に行ってみたり、新しいお店を発見しに行ったりしています。本当にバラエティに富んでいるので日常の楽しみの一つになっています!ご飯を食べ終えたら何をするかなあと考えたのですが、かなりまちまちです。授業の課題がある時は大学の図書館に行って勉強したり、体を動かしたいなと思えば大学のジムに行き、ちょっと息抜きしたいとなれば友達と遊びにいったり、今日は疲れているなと感じればそのまま帰宅することもあります。このように自由に使えるので自分にとってこの時間は「調整時間」だなと思っています。1週間を円滑に過ごすために大切な時間になっています。

②午後から授業が始まる日

木は13時、金は14時45分に授業開始です。午前中かなり時間があるように感じますが、通学時間が2時間とお昼ご飯の時間を1時間とすると開始時間の3時間前に家を出なければならずそこまでまとまった活動・作業は出来ません。それでも朝はだいぶゆっくり起きれるのでとても助かっています。ちょうど通学時間というワードが出たのでその話もします。僕は通学時間が片道2時間です。そのうち電車に座っている時間は1時間くらいなので、往復2時間くらいは自由な時間があります。その時間は基本的には本を読むようにしています。ジャンルは問わずいろいろな本を読むことを意識しています。これを続けることで人としての幅が出てくればなあと願っています(笑)通学時間が長くなりそうな人はその間の過ごし方もしっかり考えたいところですね!話は戻りますが、授業が終わる時間は木は18時、金は20時です。金曜日はゼミがあるので授業が終わったらそのメンバーで毎週ご飯を食べに行きます!週の最後ということで、これを楽しみに一週間を頑張れます。

③授業が無い日

僕は授業のない日に東進に来て働いています。東進は夕方の時間帯からなので、それまでは授業の課題をこなしたり復習をしたりします。この時間で終わらなかったものが①の午後に引き継がれる形になります。友人の話を聞くと、アルバイト以外にもサークルや自分の趣味に時間を費やしたり、完全な休養日に設定している人もいるようです!

基本的には時間割に沿って生活をしていくので時間割決めはとても大事であると感じています。その点、僕の通っている文化構想学部は2年生以降必修の授業が無く、自由に時間割をカスタマイズして学ぶ内容、生活リズムをデザイン出来るので良さを感じています。自分の中に曜日ごとに意味や意義を見出してあげたり、なるべく曜日の”色”が出るようにすればきっとより楽しい大学生活が送れるのではないかなと思います!