大事な日とその前後の過ごし方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 18日 大事な日とその前後の過ごし方

 こんにちは、担任助手の緋田です。先日はセンター試験本番レベル模試お疲れさまでした!僕もSFCで勤務していましたが、生徒の皆さんの真剣な表情が見られてよかったです。センター試験まであと1ヶ月、頑張りましょう!!

 さて、皆さんは一昨日のセンター模試の前日・当日・後日、どのように過ごしましたか?今日は今後の受験で大事な日とその前後の過ごし方について書きたいと思います!

①前日

 前日あるいは当日直前はなかなか勉強に手が付かないかもしれません。こういう時は、あまり長時間勉強をすることではなく、質が高く自分の弱点を的確に突いた勉強をするように心がけましょう!また、勉強時間よりも睡眠時間を重要視しましょう。

②当日

 試験開始時刻ギリギリに到着するのではなく、必ず余裕をもって向かうようにしましょう。そうすると遅刻の可能性を減らすだけでなく、心的不安を軽減することが出来ます。僕が現役時代のときも、滑り止めで受けた大学の入試に向かう時、使う予定だった路線が人身事故で運転見合わせてしまい、とても焦りました(笑) また、試験が2日間に跨る大学の場合、1日目の手ごたえの良し悪しに関わらず、1日目と2日目でしっかりと切り替えをしましょう!

③後日

 受験し終わった試験はやり直せません。なので滑り止めで受験した大学が上手くいかなくても、必ずしっかりと切り替えて次の試験に向けて勉強しましょう!


 このように書いていると、高2、高1生の人にとってはまだまだ遠い話に感じるかもしれません。しかし、受験は低学年のうちから始まっているのです!!!まだ受験に関して意識が高まっていないそこのアナタ!今日で冬期招待講習の無料2講座体験の〆切日です!ぜひ、滑り込みで申し込んでみませんか?!

過去の記事