二次私大の過去問を少しずつやりましょう! | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 4日 二次私大の過去問を少しずつやりましょう!

こんにちは、担任助手の遠藤です!遅ばせながら、あけましておめでとうございます!2019年は大学生になりまわりの環境が大きく変わり、様々な経験をさせていただいた一年でした。皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。2020年も何卒よろしくお願い致します。

さて、本日は二次私大の過去問を少しずつやりましょう!と言うことでセンター対策と二次私大対策の学習比率についてお話していきたいと思います。

センター直前の今の時期、

センター試験の重要度が比較的低い人は、

センター対策:二次私大対策=8:2

センター試験がとても重要な人は、

センター対策:二次私大対策=9:1

の比率で勉強をしましょう!

 

センター試験直前にセンター対策を重要視しすぎて完全に二次私大対策から離れてしまうとセンター試験の形式に慣れてしまい二次私大の英語の長文がとても長く感じられたり、古文や漢文、数学がとても難しく感じるようになってしまいます。これはいわゆるセンターボケです。

こうなってしまうとセンター試験が終わり、いざ二次私大対策にシフトしようとすると思うように点が取れずとても苦労することになってしまいます。本命の第一志望校の入試前にこのような状態に陥っていまってはもともこもありません。

それを防ぐため、センター直前の今の時期も二次私大対策は少しずつやっていきましょう!

センター試験直前期にさしかかっていますがまだまだできることはあります。優先順位を考え本番で1点でも高い点数がとれるように勉強をしましょう。

頑張れ、平塚校!!

 

低学年の皆さんもセンター試験同様の緊張感がセンター試験同日体験受験で味わえます。無料で受験できる模試になっているので受験勉強のきっかけとして受験してみてください!お申込の際は下のバナー、もしくは校舎のほうまでお問い合わせください。