二次・私大の対策をしましょう!~理系編~ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 28日 二次・私大の対策をしましょう!~理系編~

9月ももうあと数日…皆さんは9月の学習を振り返っていかかでしたか?

予定通り進んだ人、思うように進まなかった人いるかもしれません。ですが、泣いても笑ってもあと3ヶ月ちょっとで入試本番です。

残された時間いかに使うか考えていきましょう。今日は理系の二次・私大対策をテーマにお話します。

理系志望だと、理系科目にばかり目がいきませんか?特に、理科や数学は二次・私大レベルになるとセンター試験とはまた違う難しさがあります。

しかし、忘れてはならないのが、英語の存在です。英語はどの入試でも課されており、特に理系では入試に限らず進学後に取り組む研究などの多くは英語で書かれた論文を読みながら進める場合もあります。また、機械・電気メーカーなどは取引先や工場が海外にある場合も多く、実践的な英語力も求められます。

だからこそ、まんべんなく偏りのない学習を心掛けてください。勉強のコツはとにかく英語に触れることです。理系科目の学習に焦るときもあると思いますが、朝に単語の時間をとる、午後は長文対策をするなど1日の中でも工夫してみてください。

とはいっても、理系科目が理系志望の入試では勝負になります。

数学は数Ⅲの範囲まで求められ、逆に数ⅠAや数ⅡBの内容が出来なくなるという人が例年多くいます。過去問分析をし、どの範囲がどのくらいの配点なのか、絶対おさえておかなければならない傾向をきちんと把握し、万全の状態で入試に臨んでください。書店で販売されている、赤本にその大学の入試の傾向と対策がのっている場合があります。どうしても自分でなかなかわからない場合はぜひ使ってみてください。

また、わからないことがあればぜひスタッフにお声がけください!一緒に解決していきましょう。

10月に入ると全国統一高校生テストもあり、何をどう対策していいかわからなくなる時期でもあると思いますが、二次・私大とセンター対策を切り離さず、使う知識は同じであることを前提に学習計画をたててみてください!風邪ひかないよう、過ごしていきましょう!全国統一高校生テストのお申込もお待ちしております。