過去問データベースについて | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 27日 過去問データベースについて

こんにちは。担任助手1年の吉田です。長い梅雨ももうそろそろ明けそうですね!梅雨明け後の数日はとても暑い日が続くので熱中症にはくれぐれも気おつけてください!

 

ところで皆さんは過去問はどのくらい手に付けれていますか?おそらく、ある程度の方々がもう既に解いているか、あと少しで解こうと思っていると思います。

そこで、今回は185大学の問題を最大26年分みられる東進が誇る過去問データベースについて書いていきたいと思います。

まず、皆さんは今第1志望の2次試験や共通テスト対策をしていると思います。しかし、いづれ第2志望や第3志望を解く時期が確実に来ます。その時にこのデータをぜひ使ってほしいです。理由は つあります。

まず1つ目は数多くの大学がたくさんることです。さらに何年も前の問題までさかのぼれることが最大の魅力です。志望校を研究する上で必ずその大学の出題の仕方の癖があります。それを見抜くには第一志望校ほどではないですがある程度の問題数が必要となってきます。一方、赤本は大体3年~5年がマックスです。特に3年しかなかったら癖を見抜くためにはかなり厳しいですよね、、、

そして、2つ目はこのデータベースがあることによって費用を非常に低く抑えることができるということです。自分は赤本もすべて自分で買っていたのでこのサイトは非常にありがたかったです。ちなみに、赤本1冊2500円くらいから3000円、もしくはそれ以上するのもあるので費用を抑えるためにも是非有効利用してみてください!

 

そして、東進ではなんと7・31日まで夏期招待講習を受け付けております!夏休み中は校舎が朝8時から空いています。部活をやっている生徒はもちろん部活をやっていない生徒も朝の時間を使って勉強との両立が可能です!是非下記のバナーからお申込みお願いします!