行事で忙しい秋の過ごし方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 13日 行事で忙しい秋の過ごし方

 こんにちは、担任助手の緋田です。ここ数日、急に冷え込んできましたね。体調を崩さないように気をつけましょう!

 さて皆さん、一年でも秋は行事で忙しい季節ですが、ちゃんと勉強時間は確保できていますか?僕も、高2の秋は文化祭で長をやり、科学の甲子園奈川県大会の準備・本番、複数の模試が重なりとてもハードな期間を過ごしたものです。そんなわけで今日は、秋の過ごし方について書いていきたいと思います。

 まず僕が主張したいのは、行事のシーズンはその行事に集中してほしい、ということです。勉強の心配をしながら行事をやっても、行事の心配をしながら勉強をしても、いずれかは疎かになってしまいます。なので、行事期間は「今はしっかりとこの行事をやり抜くぞ」という意思を持って、終わってから気分を入れ替えて勉強に励むのがおすすめです。

 ここで強調しておきたいのは、

行事に集中する≠勉強をしない

であるということです。学校では行事に専念する傍ら、家に帰ってからは疲れていてもできる英単語学習一問一答などを継続しましょう。このような忙しい・苦しい中でも勉強を続ける力は、今後本番直前期にも必ず役立ちます

 受験が心配で行事に熱が入らない人も多いと思います。ただ、本気でやり抜いた思い出というのは苦しいときに必ず自分の支えになってくれます。僕も高3の体育祭の写真を勉強机に飾り、たまに眺めては気合を入れ直していました(笑) 人それぞれ重点の置きどころは違うと思いますが、のちに後悔しないような高校生活を送ってほしいです