受験直前期の学習③ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 6日 受験直前期の学習③

こんにちは!担任助手の前田実夢です!

とても久しぶりにブログを書きます(笑)

あっという間に12月になってしまいましたね。

今日は昨日、一昨日に引き続き

直前期の学習について書かせていただきます!

とはいえ、前に書いていたお2人と似てしまうのですが、、、

やはりセンター試験まで残り1カ月半を切った今、何よりも大切なのは時間の使い方です!

1月に入ってからはセンターの復習に時間を使うようになり、

センターが終わってから早い人で1週間後くらいから

私大や二次の試験が始まります

2月は言うまでもなく受験まっ最中

1番受験が近い大学の過去問に時間をとられるようになります。

そうすると、

12月は自分のやりたいことに時間を使える最後のチャンスになります!

しかし、そんな12月ももう始まって1週間が経ち、

文系のみなさんは明日・明後日の午後は地歴千題テストですね。

その次の週の日曜日、15日はいよいよ

最後のセンターレベル本番試験模試です!

それぞれしっかり復習して挑み、解いた後には直しもあります。

つまり

12月でも自由に使える時間は限られています!

第1志望の過去問は2周目できていますか?

併願校の過去問は解いてみましたか?

第1志望校対策演習、単元ジャンル別演習は進んでいますか?

自分が受験を迎えるまでに必ずやり終えておきたいと思うことはなるべくこの12月で終わらせましょう。

そのために優先順位を立てる必要があるのです!

私はとにかく過去問を多く解くことにフォーカスして

第1志望は2周目、併願校は少なくとも3年分は解いておくことを意識していました。

しかし今年は皆さんには

第1志望校対策演習単元ジャンル別演習

というコンテンツがありますよね!

それを最大限活用してあれをやっておけばよかった、、、など

やり残したことがない、

ベストの状態で受験を迎えられるように

計画的な学習を進めていきましょう!