冬休みの過ごし方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 25日 冬休みの過ごし方

 こんにちは、担任助手の緋田です。寒さが厳しくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 さて、多くの高校では今日から冬休みだと思います。それに伴い東進も今日から冬休み時間割なので気を付けましょう!さて、センター試験を目前に控える冬休みですが、どう過ごせば無駄ない約2週間を送れるでしょうか?

①高3生

 まずなんといっても朝型の習慣作りが大切です。入試本番は朝早くから試験が始まる大学が多いです。なので、早い時間帯から集中して勉強できるように身体を作っておく必要があります。確かに冬の朝はとても寒く、布団に籠っていたくなりますが、数日頑張ればそれからも起きられるようになります。僕も夏休み明けから朝型にしていましたが、夜よりも朝の方が誘惑も少なく、集中して勉強に取り組めました。

 次に、過去問演習を徹底しましょう。このときに意識してほしいのは、本番同様の状態を出来る限り再現することです。本番は脳が最大パワーを出すので、試験中も非常に疲れます。その状態でも最後まで解きぬく、頭の持久力のようなものを鍛えて欲しいです。そのためには1回の過去問演習を最大限集中して解くことが不可欠です。机をまっさらにし、腕時計で時間を測り、問題用紙の余白で計算を行うのです。過去問には毎日触れるようにしたいですね。

②高1・2生

 勉強の習慣をより強固なものにしていきましょう。中でも、部活や用事の合間にコツコツやる習慣をつけておけば、受験生になってから時間を切り詰めていくときに役立ちます。人が遊んでいるときに頑張ればその分差をつけられます。連休こそ頑張りましょう!

 

過去の記事