モチベーションの保ち方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 7日 モチベーションの保ち方

こんにちは担任助手の石井です!いかがお過ごしでしょうか?

すっかり夏の蒸し暑さも収まり秋の肌寒さが感じられるようになってきましたね。

受験本番に近づいてきました。

低学年の皆さんは、部活の大会や、修学旅行、文化祭、体育祭など何かと忙しい時期だと思います。

そんな中、受験勉強に力を精一杯費やすことは難しいのではないでしょうか?

そこで今回はその時期だからこそのモチベーションの保ち方、過ごし方について話したいと思います。

低学年ver

結論から言うと

「どれだけ第一志望校に行きたいか」

これにつきます。

もし本当に志望校が行きたいと思う大学であれば、どんな隙間時間も見逃さず勉強に時間を割くでしょう。

全国のライバルは今この時間も合格のためだけに時間を使っています。

自分の志望校を思い浮かべてみてください。

もしそこに絶対行きたい、辛いけれどもこの受験という山を全力で登り切りたいと思えたなら、忙しい合間合間を有効に活用し、努力を積み重ねていきましょう。

1年生で、学校行事についていくのでやっと、志望校や夢も全然決まってない。

そんなあなたは、この時期に絶対に行きたいと思える志望校、なってみたいと思う夢などを、探してみてはいかがでしょうか。

きっとやりたいことが見つかり、勉強のモチベーションに繋がると思いますよ!

受験生ver

センターまで残りあと102日、思うように成績が伸びず、もうあきらめたい、そんな風に思う時期ではないでしょうか?

調子のいい人は勉強が楽しいと思えているはずです。

自分は前者でした。そんな自分がいつも心に思っていたこと…

それは、

「本番の一日前には出来るようになる」

自分は今日を精一杯頑張り、寝て、また今日を精一杯頑張る。

そういう生活を送っていました。

でも成績は全くついてこない。ものすごく悔しかった。

そこで担任助手の先生から復習の方法などを教えてもらい、勉強の方法を変え、一日一日を積み重ねたことで少し遅めの伸びを感じることが出来ました。

とらえようによってはまだ、102日も積み重ねることが出来ます。最後に合格点数をとれればいいのです。

しっかり自分を分析し残りの時間を最大限出来なかった問題に費やしてください。その問題が自分の得点源です!

 

大変だと思いますが、一生に一回の受験、自分に負けず頑張っていきましょう!