センター対策と二次私大対策のバランスに気を付けよう | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 10日 センター対策と二次私大対策のバランスに気を付けよう

 こんにちは、担任助手の緋田です。12月も三分の一が終わろうとしていますね。年末に近づくにつれ、時間の経過が早くなるように感じるのは万国共通なのでしょうか。そんなことを考えてしまいます。

 さて、今週末15日は最終センター試験本番レベル模試ですね。高3生の皆さんは、今週はセンター対策に勤しんでいることと思います。今回の模試は出願校決定の材料に用いるので、自分の中の最良の状態を作り上げて臨んで欲しいと思います。ですが、1つ気を付けなければならないことがあります。それは、センター対策と二次私大対策のバランスです。

 「次のセンター試験本番レベル模試は良い結果を残したいから、今週はセンター漬けだ!」なんて風に勉強している人はいませんか?こんな人は要注意です。センター試験本番レベル模試直前、あるいはセンター試験本番直前は、センター対策と二次私大対策の時間比の理想は8:2~9:1と言われています。

 理由は単純で、センター対策のみしかしていないと、二次私大レベルの問題を解く力が急速に衰えてしまうからです。なので、1日のうち少しの時間でもよいので、二次私大レベルの学習の時間を確保することをオススメします。


 高2生以下の人も、センター試験同日体験模試に向けて調整していきましょう。まだ頑張り切れていない一般生の方は、是非東進ハイスクールの冬期特別招待講習にお申し込みなさることをお勧めいたします!最良の状態で、来年を迎えましょう!