合格体験記 | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

🌸現役合格おめでとう🌸
2022年 東進ハイスクール 合格体験記

東京工業大学
理学院

齋藤 諒人 くん

(平塚中等教育学校)

2022年度入試合格者
理学院
私が東進に入ったのは高校1年生でした。夏期特別招待講習にて、校舎長とお話したことで、「ここで力をつけよう。」と考えて親にお願いして入学しました。入学後すぐは、受講や高マスをできるだけ早く進めるように努めました。入学前の面談では燃え尽きてしまうことを心配していましたが、授業が楽しかったこと、担任助手の先生がいたこと、周りが良く見える場で勉強出来たことで最後まで駆け抜けることが出来ました。東進生活ではトップ層にいることに強く拘っていました。ランキングでも上位を狙い、模試でも上の学年や同じ志望校の人に負けないよう努力しました。高校2年生の頃、共通テスト模試の結果に拘っていたのですが、得意科目の物理が同日体験受験で低かったことで号泣しました。この経験があったからこそ、その後も誰よりも努力することが出来たと思います。結果的に私は受験した全ての大学から合格を頂くことが出来ました。受験が終わった後に思うのは「受験生活は幸せだったな」ということです。色々な人に支えられながら勉強に集中できる機会は普通のことではないと思います。色々な人が受験生活を多面的に支えてくれて成功を祈ってくれている(少なくとも塾の先生たちはそうだと思います)、自分は幸せだと考えると試験本番も緊張が和らぎました。皆さんにも受験勉強が出来るということが幸せなことだということを実感してみて欲しいです。東進での勉強の仕方ですが、言われたことを期限までに終わらせるのは当たり前です。それ以上に、提示された期限よりも早く終わらせることを意識して実行してください。それと「これは難しいからまだ理解出来なくていいよ。」などという言葉に甘んじないで欲しいです。いつでも超えること意識してやってほしいです。時間が有限である以上人間が成せることには天井があるとは思いますが、それでも超えていけるということを信じてやり続けて生きていくことが受験に限らず大切な事だと思います。ぜひ自分で天井を決めるのではなく、突き破っていく気概をもって頑張ってください。私も大学で物理学を主として様々な事を学んで研究して、大きな成果を挙げられるよう努力し続けます。

一橋大学
商学部
商・経営学科

松岡 春那 さん

(平塚中等教育学校)

2022年度入試合格者
商学部
私が受験期に特に大事にしていたことは、自分のことを自分で分析し自分で行動するということです。 自分の長所や短所、性格や知識理解度に合った勉強スケジュールや勉強法を考える。そして、その方針を一定のスパンで見直していくというプロセスで自分自身と向き合い、学力を伸ばしました。 このような受験への対策をする中で、東進はとても大きな助けになったと考えています。東進では定期的に共通テスト模試が行われるので、それを毎回本番の様に捉えてその模試の日に自分の理解度のピークを合わせられる勉強をしようと意識したことで、本番に自分の全力が出せる勉強ルーティンが身につけられたと思っています。また、定期的な担任助手の方との面談により自分の方針に対してより客観的に向き合うことができました。 また、過去問演習講座を取ったことで6月という早い時期から一橋大学の過去問に触れられたことがとてもアドバンテージになったと考えています。二次の過去問に触れることで、志望校を見据えた勉強方針を立てられ、時間配分や解く順番などを考えることが出来ました。 私は6月の段階で数学の理解が不完全でしたがとにかく過去問に触れることにしました。難解な解説を理解する中で、一つ一つの数学的知識を本質的な数学の理解に繋げることが出来たと思っています。とにかく過去問に早くから触れることが本当に大きかったと思います。 大学では色んなことに挑戦し常に学び続ける人でありたいです。

旭川医科大学
医学部
医学科

杉之間 美羽  さん

(横浜翠嵐高等学校)

2022年度入試合格者
医学部
自分の受験番号があったのを見たとき驚愕して母と妹に報告しました。じわじわ合格の嬉しさを噛み締めています。幸せです! 私は高校1、2年生のときに高校受験による反動で燃え尽きてしまい勉強を疎かにしていました。母が東進に行かせてくれたにも関わらず申し訳なく思っていました。しかし、東進で具体的に目標を定めてからだんだん調子を取り戻し家族や東進での度重なる話し合いの中、合格を勝ち取りました。 東進では自分の模試の成績と合格に必要な点数から逆算することで自分の足らないところや補うべきところまでを考えた勉強法を組み立てました。 また、高校2年生のときに全治1ヶ月の手術をし、学校の授業が進んでしまったことがありました。そのときに東進で該当する講座をすぐに取り知識は取り入れるようにしました。そのおかげで他の受験生に遅れをとることなくなんとかついていくことができました。なんだかんだで真面目に勉強をすることが合格への一番の近道です。今後は今度こそサボることのないようコツコツ勉強し、まずは医師国家試験に向けて精進していきたいと思います。

横浜市立大学
医学部
医学科

曽我 優介 くん

(平塚中等教育学校)

2022年度入試合格者
医学部
私は、高校1年生の3月に東進に入学しました。私が、第一志望校に合格できたのはコロナの自粛期間に毎日コツコツ勉強することができたからだと思います。多くの人が家に籠もっているこの期間に僕の受験勉強は始まりました。受験は基礎が大切という言葉を胸に1日約10時間の勉強を自粛が終わるまで続けました。毎週、東進の週間予定シートを用いて、教材・時間・ページ数などを細かく設定し取り組んでいきました。 私が皆さんに伝えたいことは復習の大切さです。人間は忘れる生き物です。昨日のことなんてあっという間に忘れてしまいます。勉強も繰り返さなければすぐ忘れてしまいます。私はどのテキスト・参考書も平均5周は取り組むことで自分の中にある基礎をゆるぎないものにしました。東進の授業を受けるときは特に復習を重視していました。東進の授業が驚くほどに分かりやすいのは事実ですが、自分から学びにいかなければ受身の学びになりやすいというのも事実だと思います。学力が一番伸びるのは授業を聞いているときではありません。授業で習ったことを、自分の手を動かしてアウトプットするときが、最も成績が伸びます。復習をしっかりとし、授業の内容を自分のものに出来るように心がけましょう。 もうひとつ皆さんに伝えたいことは、敵を知るということです。全国には多くの大学があり、それぞれが特徴のある出題をします。過去問演習を通じて、自分の得意不得意にも合わせて戦略を変えていってください。受験問題を見て、自分の実力との差を認識し、その差を埋めるためにどのような勉強をすればいいのかよく考えましょう。そうすれば、自ずと合格するビジョンは見えてきます。志望校に合格するという強い意思を持って頑張ってください。応援してます。

早稲田大学
商学部
商学科

大木 航 くん

(平塚中等教育学校)

2022年度入試合格者
商学部
僕は高2の夏に東進に入学しました。当時の僕はコロナで学校が休みの中何も勉強せず成績も落ち込んでいました。東進に通うようになってからは毎日閉館時間まで東進で勉強することを心がけました。 このときは第一志望校を横浜国立大学に設定していましたがより高いレベルの学校に入りたいという気持ちが受験勉強をしている中で強くなり高3の春頃に第一志望を早稲田大学に変更しました。早稲田大学の商学部は数学が文系最難関といわれるほど難しく数学を主な得点源にすることは現実的でないと判断して英語、国語に今まで以上に力を入れるようになりました。夏休みに、初めて早稲田大学と横浜国立大学の過去問を解いて目標との距離を知りました。特に数学は数点しか取れず受験するのが怖くなったのを覚えています。過去問は何度も解きなおしてその学部の問題の出し方を研究したことが合格につながったと思います。 僕は直前期に連日の受験や併願校に合格したことでモチベーションを保てなかったのでこれから受験に向かっていく方には最後までやりきってほしいと思います。 最後に受験の中で感じたことを書きます。東進は質のいいコンテンツを提供してくれる代わりに多少お金が必要になってきます。僕は講座の決定をする際に金額を見て自分の両親への感謝と自分にかけられた期待を強く意識したことがモチベーションにつながりました。また、周りの友人と競い合ってともに高めあったこともモチベーションになりました。自分が合格したときは家族や友人など周りの人が喜んでくれたことが何よりもうれしかったです。僕は受験勉強自体は一人で行っていてもそれには周囲の人の助けが不可欠で、そういった人たちのおかげでつかんだ合格だと心から思います。

校舎情報

平塚校

平塚校
地図
平塚市八重咲町6-21
石黒ビル4F ( 地図 )

電話番号0120-104-742
(または0463-20-2111)