東進のオススメポイント⑤ ~担任制度編~ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2019年 8月 12日 東進のオススメポイント⑤ ~担任制度編~

東進ハイスクール平塚校では現在「夏の1日体験」を行っています!

そこで、今日は東進の指導の特徴の1つである「担任制度」についてご紹介します。東進ハイスクールでは入学の際に担任の先生1名と東進ハイスクールで受験を経験した現役大学生の担任助手という先生の2名を中心に皆さんの学習をサポートさせていただきます。

主に、担任の先生は講座の決定や模試後の面談など長期的な学習計画を一緒に考え、皆さんが最適な学習をしていけるようサポートします。さらに、担任助手が中心となり日々の学習状況など短期的な学習の進捗を確認し、生徒ひとりひとりの状況に合わせた声掛け、アドバイスをしていきます。担任助手の多くは東進で志望校合格を果たした大学生の先輩です。同じ環境の中で学習し、大学受験を経験した担任助手が皆さんに一番近い存在として最後まで伴走します!

また、担任、担任助手が指導のベースとして用いるものを「合格設計図」と呼び、志望校合格から逆算して作成された合格設計図に基づき、月ごと、週ごと、日ごとの中間目標を確認しながら、学習の進め方や部活・学校との両立方法をともに考えます。また、週に1回担任助手と月に1回程度のペースで担任と面談や日々のコンタクトをとりながらモチベーションを維持できるよう指導させていただきます。

東進ではこの2人の担当スタッフを中心に校舎にいるすべてのスタッフが皆さんの学習をサポートします。ご不明な点、不安や悩みがあればぜひ平塚校までご相談ください!