自分の高校3年生の過ごし方~石井先生編~ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2019年 6月 27日 自分の高校3年生の過ごし方~石井先生編~

こんにちは担任助手の石井です。

体育祭などの学校行事も終わり受験勉強に一層尽力していることと思います。

そんなこんなでもう六月!

センターも、もうすぐ200日を切りいよいよ本番も迫ってきているこの時期今後どんな道のりで受験を乗り越えていくのか不安な子も多いと思うので自分の高校三年生を振り返ってみたいと思います。

僕は東進に2年初めから部活と両立して勉強をしていました。部活引退までは疲れた中帰りたいと思う気持ちを部活魂でグッとこらえて2時間あるいかないかの時間を勉強にあてました。

6月17日部活を引退し、いよいよ勉強に専念できる時期がやってきました。自分の中では部活が終われば自分の想像するキツイ受験勉強が出来る!

そう思っていましたが、なかなか切り替えられず時間が時間が長くなっただけのダラダラ生活を送っていました。(皆さんはこうならないでください!)

英語が苦手という事もあり東進ハイスクール名物夏期合宿に参加しました。

行く前はこんな調子で勉強していても受かるわけないよなと思っているのに行動になかなか移せない自分でしたが、参加後、自分の限界まで最大限努力し、結果がどんなであろうと後悔しない受験生活にしようそう思いました。

その結果、合格設計図を前倒ししギリギリ7月31日に受講が修了しました。内部生の子は今必死頑張っている事と思います。がんばれ!

8月朝登校をしセンター過去問10年分、今年は二次私大過去問10年分をやりつつ不安な所の演習をこれでもかとやりました。あっという間に一日が終わり気付けば夏休みも終わっていました。

夏休みが終わり、自分の代はここから二次私大の過去問に手を付け過去問の対策講座の受講が始まりました。

綿密に志望校の対策をしセンターも取れるようメンテナンスを重ね一月センター過去問に再度本腰を入れセンター本番!

あれだけ模試を受けてきたのに本番は緊張しました。

そしてすぐに私大の過去問をやり僕の受験生活が終わりました。

やると決め全力で向き合えば長いようで短いです。そんな受験生活にしてほしいと思います。

頑張れ受験生!