東進卒業の言葉~近藤先生Ver~ | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 3月 30日 東進卒業の言葉~近藤先生Ver~

こんにちは!担任助手の近藤です。

最近また暖かくなってきましたね!平塚も桜がきれいに咲いてきました。

桜というと皆さんは何を思い浮かべますか?

自分は「卒業」です。

小学校のときも高校のときも桜が咲いていたような気がします。最近は咲く時期が遅くなったんでしょうか。

今年度もあと1日で終わり明後日から新学年になりますね。平塚校でも多くの生徒が受験を経験し、卒業していきました。そして自分もこの春平塚校を巣立つ予定です。

自分は中3の夏に数学特待生として入り、もう4年半もたちます。平塚校では最初の数学特待生だったようです。今年1年担任助手として生徒の皆と過ごす中で自分のを見つめる機会がありました。

自分は今まで長いことこの校舎にいましたが、志のイベントにあまり参加してきませんでした。その結果自分の志について考えてみるとかなりふわっとしています。受験勉強に必死で大学合格の先まではあまり深く考えられていなかったように思います。面談をしている中で「自分は将来こういったことをしたいからそのためにこの大学に行きたい」と話してくれる皆を見て自分もしっかりと時間を取って改めて自分の人生について考えてみたいと思います。

皆さんにはぜひ積極的にイベントに参加して欲しいです。

社会で活躍している人の話が聞ける機会なんて東進を卒業してしまうとなかなかありません。東進生でもまだ志が決まっていない生徒が多くいます。社会で活躍する人がどんな風に人生を歩んでいるのかを知ることは志を決める上で役に立つし、もう志が決まっている生徒にとってもそれを深める機会になります。また、こういったイベントは他校で頑張っている生徒を知ることが出来る機会でもあります。自分は講義ももちろんそうですが、他校の生徒にかなり刺激を受けました。

最後に東進生の皆には東進生として使えるものをすべて使っていってほしいです。

どんどん色々なものを吸収して学力だけでなく人として大きく成長していってください。


現在東進ハイスクール平塚校のオフィシャルサイトでは2021年度の合格体験記を公開しています。

 今年も多くの受験生が合格を果たし、その体験を綴ってくれているので是非ご覧ください!