日常で意識していたこと③ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 23日 日常で意識していたこと③

 

 

こんにちは、担任助手の遠藤です。

本日は早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試が実施されました。

受験生は最後の記述模試ということで、みなさん様々な思いを持ち模試に挑んでくれたことだと思います。終わったらすぐに自己採点、分析、復習をして自分の力に変えていきましょう!

 

さて、本題に入りますが本日も引き続き「日常生活で意識していたこと」ということで私が受験生だったときに意識していたことについてお話していきます。

勉強面

毎日現代文の読解問題を最低一題解くことを心掛けていました。私は国語が苦手で特に評論分の点数が伸びずに悩んでいたので毎日触れるようにしていました。毎日欠かさずに評論を読むことで読み方、答えの導き方が身につき最終的にはセンター試験で現代文は9割以上とることができました。これは現代文だけに言えることではなく、苦手意識のあるところを毎日欠かさずやるという風にすれば皆さんも応用できると思います。苦手なところはインプットをまずしなくてはと思いがちですが、インプットしつつ毎日アウトプットして実践力を身につけることが大事です。

 

生活面

ストレスをためないことを心掛けていました。東進では勉強に集中、学校や家では友達や家族と楽しく過ごしメリハリを付け勉強をしていました。もちろん家や学校でも勉強はしてましたが、私は結構ストレスを感じやすい体質なのでストレスをため込まない程度に勉強をしていました。その分必ず毎日閉館まで東進では勉強する!と決めていました。

受験は心も体もどちらも健康であることが大事です。勉強ももちろん大事ですが体を壊さないように、自分で息抜きを見つけて頑張ってください!

 

以上が私が日常生活で意識していたことです!

明日も吉田先生の「日常生活で意識していたこと」をお話ししてもらうのでお楽しみに!

 

 

あの名講師の授業が生で聞けちゃう!!!公開授業お申し込み受付中!

平塚校のビッグイベントとして準備をしていますので是非お申し込みください。

 

また、現在冬期特別招待講習もお申し込み受付中です!

今年度の総復習、来年度の先取りをして同級生より先に新学年へのスタートダッシュを決めよう!!

すでに講習をはじめ頑張っている高校生がたくさんいます。これを見てくれている君も平塚校で一緒に頑張ろう!

お申し込みお待ちしております。