平塚校担任助手紹介 part5! | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2016年 2月 22日 平塚校担任助手紹介 part5!

こんにちは、担任助手の古澤です。現在、早稲田大学の教育学部数学科に通っています。

みなさん、高校生は何のために数学を学んでいるのですか?具体例を元に説明しましょう。

例えば、陸上短距離200mのレーンの幅が1mのとき、スタートラインのズレはいくらになるか計算できますか?

例えば銀行に預金する時、年利1%のA銀行と、100万円以上預金すると10年ごとに10万円口座に入るB銀行、いくらを境にどちらが有利になるか分かりますか?

日常生活でこういった状況のときに判断する道具として数学があります。世の中にはもっと極端に有利不利になるものもあれば、理系の場合はこの道具を駆使して研究などしていきます。つまり数学は現代社会を生きていく人として持っていなくてはならない道具となっています。だからこそみなさん、数学がんばってくださいね。

という話を僕は多くの人にしてあげたいです。ですので将来、数学の教員になって授業でこういった日常生活でためになる数学を教えていきたいと考えています。

数学頑張りましょう!

*************