休日を有効に使う方法 | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 6月 18日 休日を有効に使う方法

 

 

こんにちは、担任助手の角です!

本日は休日の有効な使い方についてお話していきたいと思います!

 

みなさんは休日をどのように過ごしていますでしょうか?学校で疲れてしまったり、部活で思うように時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、休日はまとまった学習時間が取れるチャンスです!

学校がない分平日とは違った学習ができ、さらに力をつけることができます。

 

では具体的にどのようなことをすれば良いのか、2つ例をあげていきたいと思います。

 

1.過去問を解く

入試問題は、基本的にどの教科も試験時間は1時間以上あります。また、演習から復習まで行うと、到底1時間には収まりません。

しかし、休日であればその時間を取ることができます!

本番通りの時間で問題を解き、採点、自己分析までできれば、今の自分には何が足りないのかはっきりしてきます。

そうすることで平日の学習計画も立てやすくなり、一週間ごとに自分の成長を確かめることもできます。

 

2.まとめて復習をする

皆さんは日々の学習の中で「ここ復習しなきゃな」と思ったところはすべて復習しきれていますでしょうか?

私はできていませんでした。なぜなら、平日はまとまった時間が取れず簡単に済ませてしまっていたからです。

そのまま放置してしまい、模試の時「あ、これ見た事あるけどなんだっけ…」という問題がたくさん出てきてしまいました…

それからは休日や学校が早く終わる日など、まとまった時間にまとめて復習をする時間をとるようにしました。

このメリットは、復習が丁寧にできるところです。時間はかかってしまいますが、じっくりわからないところを1から見直し、自分にとって一番わかりやすい方法で振り返ることは、より深い理解と苦手克服へとつながります。

暗記科目だけでなく、数学や現代文の問題も同様に基礎から見直す時間をとってみてはいかがでしょうか?

 

今回あげた例以外にもできることはまだまだあります。

また、これからやってくる夏休みの予行練習として休日の予定を立ててみるのも良いでしょう!

このブログを見たら、早速この土日から実行していってほしいと思います!頑張りましょう!!

 


現在、夏期特別招待講習のお申し込みが行われています。

東進の講座を無料で体験しながらスタッフとのコーチングで学力を伸ばしていきます。

4講座締め切りは7月14日(木)まで!

英単語を1週間で1800個覚えられる「高速基礎マスター」もご利用して頂くことが出来ます。

この夏を少しでも良いものにしたいと思ったそこの君!!

東進でこの夏を一生の宝物にしよう!