★物理の極意★ | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 3日 ★物理の極意★

 

 

こんにちは!担任助手1年の吉田です。

9月に入ってから急に肌寒くなりましたね。

遂に長袖の季節が到来してしまいました。

皆さん久々の学校で疲れてはいないでしょうか?一昨日のブログで齊藤先生も話していたように、しっかりと休息をとりながらメリハリをつけて勉強に取り組んで欲しいと思います。

 

さて、今日のテーマは物理の極意です。

皆さんは物理という教科に対してどのような印象を持っていますか?

 

「公式が多すぎて覚えられない、、」

「波や電気など、目に見えないものを扱われても何が起きてるかわからない、、」

 

そんな風に思っている人は少なからず存在しているのではないでしょうか。

 

でも大丈夫。物理はものの見方、考え方がわかるようになれば急成長できます。今回は、極意とまではいきませんが、物理を学ぶ上で大切にして欲しいポイントを紹介したいと思います。

 

公式の証明

こちらが最も重要なことになります。公式をただ知っているだけでは物理の問題は解けません。

なぜなら、公式には使用できる条件が存在するからです。この運動をしているときにはこの公式、あの運動をしているときにはあの公式と、運動の種類を見分けた上で公式を用いなければなりません。

公式の証明をすることで、公式の意味そのものを理解することができるため、正確に公式を使用することができます。

 

・解答は丁寧に

公式の意味を理解した後は、実践です。

先ほども述べた通り問題を解く際は物体がどんな運動しているか見分ける必要があります。

丁寧な図示を心がけましょう。図示をして状況を整理することで運動の特徴が見えてくるはずです。それを捉えることができたら、あとはしっかり学んだ公式を用いれば必ず解くことができます。

また、物理は小問ごとが独立せず、前の問いの答えを用いて次の問いに取り組まなければなりませんよね。つまり、1度ミスしてしまえばそれが全体に影響してしまいます。もちろん素早い計算は大切ですが、できるだけ整理して見返してもわかるように計算用紙、解答をつくりましょう。

 

 

以上が物理を学ぶ上でおさえてほしいポイントとなります。要約すると

 

公式は覚えるな、意味を理解しろ!

物体がどんな運動をしているか、見えるようになれ!

 

ですね!

この二つを意識しながら、ひたすら問題演習を積んでください。

物理現象は身の回りにあふれています。

気になる物理現象について考えてみながら勉強を進めるのもおすすめです。

試験まで時間が少なくなってきましたが、ひとつひとつ丁寧に効率よく勉強を進めて欲しいと思います。