★国語の極意★ | 東進ハイスクール 平塚校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 6日 ★国語の極意★

こんにちは!平塚校担任助手の土屋です!

なんだか最近は天気がすぐれませんね、、、。私はこの二日間、降水確率が低いから大丈夫だろう精神で見事に雨に降られ、二度もコンビニで傘を購入しました。ここ最近で一番意味の分からない出費でした、気を付けます!!!!

 

さて本日のブログは、国語の極意ということで現代文・古文・漢文それぞれについて話をしようと思います

 

みなさん、国語は苦手ですか??

現代文が苦手だったり、古文が出来なかったり。。。色々な人がいると思います。

 

まず、古文漢文から話をすると、

この二つは基本的に暗記がメインになりますよね。古文だったら単語や文法、漢文だったら句法や漢字。

これらの基本が頭に入っていれば特段点数が取れないだとかというのは無くなると思います。暗記の仕方については齊藤先生が以前ブログに書いていたことがあったかなと思ったのですが、暗記は復習の頻度が大切です。1日後、1週間後・・・と繰り返しやる!!これを意識してください!

 

次に現代文についてですが、ここではコツとかこれやったら点数上がるよとかではなく、私が受験生だったころにひたすら繰り返しやっていたことを紹介します。

これは現代文だけではなく、英語のリーディングにも活用できるものです。

抽象的かつざっくりとした表現にはなってしまうのですが、「常に解き方や読み方を工夫し続ける」というものです。

確立された自分に一番合ったやり方を続けることもとても大事な事だと思います。でもそれでも点数が伸び悩んでしまったりすることってあると思うんです。伸び悩むという事は何かが足りないという事ですよね。それが何かは分析シートなどで見つけられていると思うので、どういう風に変えていけばいいのかも分かるんじゃないでしょうか!

 

そういう時に自分のやり方を変えようとするのはすごく勇気がいることだとは思うけれど、私は毎回問題解くときに少しでも改革を加えたことはマイナスには決してならなかったです。だからこそ、みんなにもやってほしいなとおもってます!!

 

国語は本当に波が出やすい教科だし、やったことがすぐに結果に繋がることはそう多くはありません。だからこそ、社会などに比べて根気が要ります。でも、すぐに結果に繋がらなくても、自分の糧にはなっています。

 

これからは前向きに取り組める人が強いような気がします!!全ての事を前向きにとらえられる癖をつけられるといいぞ!!!


現在東進ハイスクール平塚校では無料の一日体験の申込を受け付けています!

一日で、東進のコンテンツであったり学習スタイル・校舎の雰囲気を知ることが出来ます。

部活や学校で忙しくて家で勉強が出来ない、、、といった方も、東進でなら両立できるのでまずは一度やってみよう!!

下のバナーからお申込いただけます。お申込みお待ちしています!