東進模試について | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 27日 東進模試について

みなさんこんにちは、担任助手の青木です。

2/17にあったセンター試験本番レベル模試の成績はどうだったでしょうか?結果がどうであれみなさんにやっていただきたいことは復習です。できなかったところをできるようにすること。簡単ですが難しいですよね。そこで今回私がやっていた復習でみなさんに二点気を付けてほしいことについてお話させて頂きます。

①時間をかけすぎないこと!②細かいところを注意しすぎないこと!

「復習をやろう!」として最初からだらだらやる生徒さんがたまにいますがそれはNGです。例えば英語であれば大問1から6までありますがその大問で一番できていないところやなにで間違えたのかを分析してみて下さい。文法問題であればその文法の分野を復習する必要があります。長文問題であればわからなかった単語を全部抽出して書き出してみてください。その単語をしっかり覚えていってほしいです。実際に私の担当していた生徒さんで前回の模試のわからなかった単語をすべて覚えて点数を格段に伸ばした子がいました。それだけ英語の模試で単語は重要だということです。私は私立文系で日本史選択だったのですが日本史の復習にはぜひ資料集を使ってください!資料集はわかりやすくまとまっている受験でずっと使える武器になります。その資料集に間違えたところや覚えなきゃいけないところを書き込んだりマーカーで線を引いたりして自分専用の資料集をぜひ作ってほしいと思います。

そして理系科目などわからなかった問題は質問をして分かるように、解けるようにしてください。同じような問題で失点するのはとてももったいないですよ!受験で理系科目を使った担任助手の先生方に質問もしてみてくださいね!

いよいよ二月が終わって三月になります。ここからの時間の使い方が重要になってきます。新受験生のみんながんばれ!そして後期受験をされている受験生のみなさん最後まで諦めず頑張ってくださいね!