新受験生へ~日本史の勉強法~ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 14日 新受験生へ~日本史の勉強法~

こんにちは、担任助手の青木です。今日は日本史という科目に絞って話をさせていただきます。さてみなさんにとって日本史とはどんな科目でしょうか?ただの選択科目だ、と思っている方も多いと思います。人名がなかなか覚えられない、さらに同じ苗字の人が大量にいて覚えづらい…、戦争とか乱の名前が紛らわしい!!などなど。結構苦戦する科目でもあると思います。私も元々日本史が得意な方ではなくて苦戦しました。高校二年生のときにセンター試験同一体験受験を受験したのですが日本史の点数は34点でした…。ですがセンター試験本番では91点をだしました!!自分でもびっくりして叫んだくらいです(笑)

日本史をやるうえでまず考えてほしいのがどのくらいの知識を入れなければいけないかを把握してほしいということです。東進の日本史一問一答だったり日本史の教科書だったり最終的にその教材すべてを頭の中にいれなくてはいけません。私立文系の方であれば夏までに一通りの時代を網羅してほしいです。そこでまず意識してほしいのが流れをつかむこと!!私は受験生のときに金谷先生から流れをつかむ大切さを学びました。東進生の方で金谷先生の授業を受講している方はまずは先生の板書で流れをつかむこと。時代の事柄はなにか原因があって起きています。その流れをつかむと日本史の内容も入っていきやすくなりますし、センター試験の並び替えでも利用できます。その次に一つの時代や一つのところに執着しすぎないこと!!浅く全範囲を何度も何度も覚えなおしをする感じで覚えていってください。私の高校の先生は漆塗りを薄く何度も何度もするイメージだ、とおっしゃっていました。忘れるのは当たり前!!というかもうしょうがないことです!私も何度覚えられなさ過ぎて嫌になったことか!なので日本史は全範囲をまんべんなく覚えていってください。私の具体的なオススメな勉強法として二つ紹介させていただきます。一つ目は図表や資料集を活用してほしいということ。文化史や資料などはとても大切になってくる分野です。また資料集は覚えるところをわかりやすくまとめてくださっています。どんどん書き込んで自分だけの資料集を作ってほしいと思います。二つ目は江戸将軍と明治以降の内閣総理大臣をすべて順番で覚えてしまうこと!!これは一見大変そうに見えますが覚えるととても高得点を狙えます。並び替えでも敵なしです!ぜひ覚えてしまってください!!日本史は本当に終わりのない科目だと思っています。覚えることが次から次へとどんどんでてきます。そして不安になることが本当にあると思います。でも、努力した分結果が反映されやすい科目です。まずは日本史に興味をもって勉強をしてほしいと思います。なにか疑問があったりしたらいつでも相談してくださいね!

さて受験生の皆さん、こっからが第一志望校の試験となる方も多くなると思います。不安は不安です。誰でも不安です。でも、合格するために最後まで諦めちゃダメです。最後の最後まで全力で戦ってきてください!いってらっしゃい!!