大学紹介⑦ | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2017年 5月 26日 大学紹介⑦

こんにちは!担任助手1年の鈴木です。

本日は私が現在通っている早稲田大学文化構想学部について紹介します!

実は先日も文化構想学部の紹介をしていたのはご存知でしょうか?(こちら の記事です)

前回の紹介も読んでもらいつつ、今回はまた少し違った視点から紹介をしたいと思います。

文化構想学部には論系(いわゆる専修・コース)というものが存在し、2年生から各論系に分かれます。

論系は、表象・メディア論系、現代人間論系、文芸・ジャーナリズム論系……など、一見何をしているのかよくわからない名称ですが、内容は地域文化、文化人類学、文学、社会学、心理学……といったように多岐にわたります。

1年のうちにどの論系に進むのかを考えながら、様々な視点から学ぶことができる点が一つの強みだと思います。

私自身は、近現代の日本の文学作品を読む講義や文芸批評について学ぶ講義などの文学系の講義を受けていますが、どれも非常におもしろいです。

 

また、早稲田の文学部・文化構想学部は外国語教育に力を入れており、1年生のうちに第二外国語を週4コマのペースで勉強します。

ペースが速くて大変ではありますが、その分クラスの人と仲良くなれるなど、楽しいこともたくさんあります!

(ただ、上に書いた論系は1年の成績によっては希望通りの論系に進めないこともあるので、第二外国語をしっかり勉強しておくことが必要でもあります……)

 

東進ハイスクール平塚校には文化構想学部に通っているスタッフが私を含め3人いるので、話を聞けるチャンスが多いのではないかと思います。

早稲田大学、とくに文学部・文化構想学部について興味や疑問がある人はぜひ気軽に話しかけてくださいね!