夏休みの勉強法・番外編<高2生に向けて> | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2017年 7月 14日 夏休みの勉強法・番外編<高2生に向けて>

こんにちは!担任助手の鈴木です。

今回も、前回や前々回に引き続き自分が夏休みに行っていた勉強について話したいと思います。

 

……と、思ったのですが、最近受験生向けの内容が多かったように思うので、今回は趣向を変えて私が高2のときに何をしていたかを振り返ってみることにします。低学年の方にぜひ読んでもらいたいです!

私は吹奏楽部に所属していたので(ちなみに楽器はトランペットでした)、毎日が部活、来る日も来る日も部活、コンクールが終われば次は文化祭の準備&合宿と、とにかく慌ただしい毎日を送っていました。

勉強に時間を取るなんて無理!!とそのときは思っていたのですが、高3になってから単語などの基礎をもっとやっておけばよかった……と後悔しました。恐らく誰しもが通る道です。

「今めちゃくちゃ忙しい!!!」とそのときは思っていても、案外振り返ってみると「ああ、あのとき時間あったなあ」と思うんですよね。でもそれって振り返ってみないとわからない。

そんな経験をした人はこれまで星の数ほどいると思うので、あとで後悔しないためにも、英単語や古文単語、その他勉強の基礎となるものはちょっとした時間を見つけていまのうちにやってほしいと思います。

例えば電車の中で単語帳をめくる、など!!!

遊ぶときは遊び、やることはやる!それが高1・高2生の夏休みの秘訣かなと思います!