併願校の決め方 | 東進ハイスクール平塚校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 17日 併願校の決め方

こんにちは!担任助手の鈴木 遼太です!

今日は併願校の決め方についてお話ししていきます。

併願校を決定していくために重要なポイントを2つ紹介します。

ポイント①「受験校の難易度を3つ程度に分ける」

第一志望を一番上のランクとして、ワンランク下、もうワンランク下、と難易度ごとに3つのランクに分けます。これのメリットとしては、受験本番期のメンタル管理が上手くいきやすい点が挙げられます。基本的に私立大学の受験日程は難易度が低い方が早く、難易度が高い方が遅く設定されています。志望の低い方から受けていくことで「受験慣れ」をすることが出来ますし、第1志望の受験前に別の大学の「合格」をもらっていることは最強の精神安定剤となります。

ポイント②「行きたいところを選ぶ」

併願校はいくら第一志望でないといっても、受験する以上は「行く可能性」のある大学になります。適当に選ぶようなことはせずに、しっかり調べて「この大学、学部なら頑張れる!」と思えるところにしましょう。ほかにも家から大学までどのくらいかかるかなど大学に入った後必要になってくる情報はあらかじめ押さえておくようにしましょう!

 

今回上記の2つのポイントを紹介しましたが、人によって併願校に何を求めるかはそれぞれだと思います。ただ、自分は併願校は第1志望の大学で自分の力を最大限に発揮するために重要な役割を果たすものであると思います。

皆さん併願校選び、しっかり考えていきましょう!